浄水器に関する情報が満載!

浄水器のお話

フィルター交換など、浄水器の利用に際しての注意点。

水は人が生活をしていくうえで欠かすことが出来ない、大切なものです。
毎日口にするものなので、こだわりをもって浄水器を設置している人もいるのではないでしょうか。
しかしもし誤った利用方法で使っていた場合、効果がないばかりか、逆効果となる恐れもありますので、充分注意しましょう。
例えば、浄水器を通した水を長時間放置していませんか?水道水には殺菌の為、通常は残留塩素が含まれています。
浄水器を通ることによってこの残留塩素がなくなり、殺菌力が低下しますので、できるだけ早めに飲むことをお勧めします。
またフィルター(カートリッジ)の交換時期が来ても交換せずに使っていませんか?フィルター(カートリッジ)を交換せずに使い続けると、本来の浄水作用を得ることが出来ない恐れがあります。
交換時期が来たら速やかにフィルター(カートリッジ)を交換すべきです。
また、朝一番など、長時間水を流していなかった際には、しばらく水を流して、給水管などに残った水を放流しましょう。
このほかにも色々な注意点がありますので、メーカーの取り扱い説明書などを良く読んで、正しく安全に利用しましょう。

浄水器に使用されるフィルターの種類

美味しく安全な水を飲むために、浄水器を導入する家庭が増えています。
大きさや値段なども重要ですが、そのフィルターがどれほどの浄化作用があるのかを知っておくことも大切です。
家庭で使われる浄水器のフィルターは、大きく分けて3種類あります。
最も一般的に使用されているのが、活性炭を通すタイプで、濁りやカビ臭さ、農薬、有機溶剤などを除去できます。
蛇口直結型に多く使用されている中空糸膜を通すタイプは、砂や泥、残留塩素、カビ臭さ、大腸菌などが除去できますが、水に溶け込んだ塩分や重金属、イオン物質などは除去できません。
逆浸透膜を通すタイプは、海水をろ過するのにも使用されており、ほぼ純粋を得ることができます。
浄水した水は、塩素などの成分が除去されるため、水道水よりも痛みやすくなります。
浄水した水は、雑菌が繁殖しないように冷蔵庫で保管するとともに、浄水器自体に雑菌が繁殖しないように、定期的にお手入れを行いましょう。

Favorite


モーニング レンタル


Last update:2019/4/18

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
Copyright(C) 2015 浄水器のお話 All rights reserved.